So-net無料ブログ作成
ER/心カテ室部署とスタッフ紹介 ブログトップ
前の10件 | -

新卒者育成計画~家族看護での学び~ [ER/心カテ室部署とスタッフ紹介]

こんにちは。
ER/カテ室看護師松本です[かわいい]
前回に続き2月に行われたラダーⅠ研修の午後の内容をお伝えします。

午後は家族看護の研修を行いました。
家族の誰かが病気になることで家族に与える影響が
大きいことを学びました。
また、家族に対して、マスクを外して挨拶をしたり、
最後まで見送りをするなど、家族に対しても気配りを行い
サポートしていくことが大事だと学びました。
多数いる患者のうち1人の患者」ではなく、
家族にとって「大切な家族」であることを忘れず、
家族と向き合っていきたいと思います[ぴかぴか(新しい)]
 IMGP1945.jpg IMGP1958.jpg 


新卒者育成計画~12ヶ月リフレクションでの学び~ [ER/心カテ室部署とスタッフ紹介]

こんにちは!
ER/カテ室看護師の松本です[かわいい]
今回は2月に行われたラダーⅠ研修の内容を
午前と午後に分けてお伝えします!

午前中はリフレクション研修を行いました。
リフレクション研修では日々の看護において自分が気になった場面を
5W1Hで意識し客観的に振り返りました。
先輩Nsからの助言をもらうことで他の視点でも物事を捉えることができ、
いろんな対策を学ぶことができました[ひらめき]

日々看護師として働いていく中で
看護師の視点で物事を考えてしまいがちになり、
患者さんの立場に立って考える事が薄れていたが、
今回の研修で改めて患者の立場に立ち考えることの大切さを学びました。
 IMGP1930.jpg IMGP1927.jpg

ERカテーテル室~新卒看護師の成長、共に学んでいます~ [ER/心カテ室部署とスタッフ紹介]

こんにちは[かわいい]
ER/カテーテル室の新卒教育担当者、乾です。

前回に引き続き、
新人看護師さんの成長、看護部の研修などを紹介させていただきます。

今年の4月にER/カテーテル室には1名の新人看護師さんが配属されました。
初めは”怖い”とよく言っていましたが、患者さんとの関わりの中から、
今では患者さんにいつも笑顔で対応し、
「楽しいです!」と言ってくれるようになってとても嬉しく思います[るんるん]

また、新人看護師さん達のラダー研修では
「リフレクション」の研修を年間通して担当しています。
患者さんとの関わりの中から自身を振り返り、
次につなげて“看護観”を培えるようにする研修です。
新人看護師さん達がどんなふうに患者さんへの看護を考えているのか、
自身の看護実践をどんなふうに振り返っているのかを見ていると、
色んな経験をして成長しているんだなと身近に感じ、感動する瞬間が多くあります[ぴかぴか(新しい)]

私自身、ER/カテーテル室が大好きであり、誇りを持って紹介できる部署です!
これからも新人教育担当者として日々奮闘し、
ER/カテーテル室に配属された新人看護師さんたちが笑顔でいれて、
患者さんのことを考えることができるような教育体制&環境作りを目指しています[手(グー)]

    IMG_1297.jpg

ERカテーテル室~新卒者教育担当者の思い~ [ER/心カテ室部署とスタッフ紹介]

こんにちは[かわいい]
ER/カテーテル室の新卒教育担当者、乾です。

今回は、ER/カテーテル室の教育体制や
新人看護師さんの成長、看護部の研修などを紹介させていただきます。

ER/カテーテル室という部署は新人看護師さんにとって
「怖い」「展開が早い」という印象があると思いますが、
この部署でしか経験できないことが沢山あります[ひらめき]
部署の教育の中で、私が一番大切にしていることは、
年間の計画表をもとに知識・技術の成長だけでなく、
特殊分野だからこその看護師として、
数時間の関わりの中でも濃密な関わりが患者・家族とでき、
寄り添ってもらえるように心がけています[わーい(嬉しい顔)]

次回は今年入った新人さんについてお話します!
  IMG_1301.jpg

ジェネラリスト育成計画 受講者の学ぶ [ER/心カテ室部署とスタッフ紹介]

こんにちは[晴れ]
ER/カテ室看護師の松本です。

10月午後のラダーⅠ研修では、
アナフィラキシーの症状や観察、対応について学びました。
輸血15分後の呼吸困難という設定でシミュレーションを行い、
①すぐに原因となる薬剤を中止すること
②医師への報告、患者のそばを離れずナースコールで応援を呼び、
 その間観察や呼吸が楽になるように酸素投与、枕を外す、
 いつでも挿管できるような環境整備を行うことが大切

と学びました。
今回、輸血15分後という設定でしたが、
どの薬剤でもアナフィラキシーを起こす可能性があるため、
事前の禁忌薬の有無、バイタルサイン、皮膚の状態をしっかり確認し、
起こす可能性があることを予測した上で観察していくことが大切と感じました[ひらめき]

カテ室では造影剤を使用するため、
アナフィラキシー症状の有無の観察は常日頃行っていますが、
シミュレーションを通して、実際に症状が出現した時の行動を
イメージすることができて良かったです[かわいい]
この学びを日々の看護に活かしていきたいと思います。
 DSCN0336.jpg DSCN0340.jpg


ER/カテ室に異動~シミュレーショントレーニングで実力アップ~ [ER/心カテ室部署とスタッフ紹介]

こんにちは[かわいい]
ER/カテ室看護師の佐藤です。
私は一昨年まで新卒~約6年間、心臓センターに所属していました。
病棟で経験をつむ中、「もっと急変に強い看護師になりたい」と思うようになり、
ER/カテ室への異動を希望しました。

異動してすぐは戸惑うことも多かったですが、
先輩方の急変患者さんへの迅速かつ的確な対応を間近でみて、
「私も早くこうなりたい!」と改めて強く思うようになりました[exclamation]
急変対応に自信がなかった私が一番役にたったのが、
「シミュレーション練習」です。
部署でシミュレーションの企画をして下さり、
EMTと一緒になって実践に近い急変対応の練習を行うことが出来ました。

本当の急変時には
「あ!これ前練習でやったことと同じだ!!」という症例もいくつかあり、
自信を持って対応することができました。

今年は循環器内科の藤井先生も「参加したい!!」と自ら言ってくださり、
Drと一緒にシナリオに沿ってシミュレーション練習をすることで、
「この患者さんはこうだから、この場合の医者の気持ちとしては、
これを重要視したいんです!」
とより詳しい説明・アドバイスをしてくださり、
更なるステップアップをすることができました[わーい(嬉しい顔)]

新卒看護師・既卒看護師問わず、
1からとても親身に丁寧にご指導して頂けるのでとても安心です!
是非、ER/カテ室で一緒にステップアップしませんか?
お待ちしています!!
  シミュレーション.jpg

災害看護院外研修に参加してきました [ER/心カテ室部署とスタッフ紹介]

こんにちは[かわいい]ER/カテ室 EMT坂本です。

先日、伊丹ホールで行われた災害研修に参加してきました。
今回の研修のテーマは災害発生!時院内での初動は?
というものでした。

災害発生時、院内でどのような対応をすべきか
災害拠点病院のDMATの一員の方の講義を受けました。

災害発生時、まず大切なのが自分自身の安全確保です。
そして災害医療の頭に切り替え新規部門を立ち上げる。
災害時は多くの情報が飛び交い混乱が生じます。
その為、災害対策本部を立ち上げ情報を整理し、
共有することが大切なんだと学びました[ひらめき]

最近よくテレビ等で耳にすることが多いと思いますが、
30年以内に70%の確率で南海トラフ地震が起こると言われています。
約33万人もの死者が出ると想定されています。
地域内・外問わず多くの患者さんが搬送されてきます。
「避けられた災害死」を減らすためにも、災害看護チーム一丸となり
災害に強い病院にしていきたいと思います!!

災害看護に興味のある方 チームへの参加をお待ちしています[手(グー)]

  研修 写真.jpg

『CVIT2017』~カテ室看護師の役割について発表しました~ [ER/心カテ室部署とスタッフ紹介]

こんにちは、ER/カテ室師長の柳です[かわいい]
7月7日七夕の日に京都で開催された『CVIT2017』に参加してきました。

今回の学会では、パネルディスカッション
『チーム医療の中のカテ室看護師の役割』というテーマで、
パネラーとして招待いただきました。残念ながら時間の都合上、
他施設のプレゼンテーターとの意見交換はできませんでしたが、
私自身今回の発表準備を進める中で、
「カテ室看護師の役割」について振り返る貴重な時間となりました[ぴかぴか(新しい)]

カテ室看護師の役割には2つあります。
1.患者の全体像をとらえ、個別性に応じたカテ看護の提供
2.術中の異常の早期発見と急変時対応              です。

カテ室看護師の役割として、
術中の異常の早期発見と急変時の速やかな対応はもちろんのことです。
でも、カテ治療を受ける患者さんを1人の個人としてとらえたとき、
検査入院のためADLが高く、検査が入れ替わり立ち替わりでは、
どうしても流れ作業のようになってしまいます[ふらふら]

そこで、カテ治療を受ける患者さんたちが安心して、
安全に、安楽に入院生活を過ごし、検査、
治療、看護を『さとう病院で受けて良かった』と思って頂けるように、
カテ治療を受ける患者さんの看護の質向上にむけて、
カテ室看護師が病棟でカテ患者さんを受け持ち、術前から術中、
術後を通して、病棟看護師と協働しながら看護の提供を行っています。
術中を知る看護師がかかわることで、より専門性をもって、
術前や術後の患者さんに看護の提供ができます。

「カテ室看護師の役割はカテ室だけじゃない!
カテ治療を受ける患者さんを一個人として、入院から退院まで
個別性に応じた看護を提供することがカテ看護なんだ」と、
自分達が実践している看護にあらためて自信を持ち、
「スタッフとともに頑張っていこう」と思えた1日でした[わーい(嬉しい顔)]

既卒プリセプター研修~受講者の学び~ [ER/心カテ室部署とスタッフ紹介]

こんにちは、ERカテ室松本です[かわいい]
先日既卒プリセプター研修があり参加してきました。
私もこの病院に既卒で入職し、先輩から詳しくご指導を頂きました。
そのことを思い出しながら、研修に参加しました。

今回の研修のねらいは
1.自分のコミュニケーションについて、
  他者と共有し、解決策を見出すことができる
2.プリセプタ―の役割を理解し、
  他者と共有し、解決策を見出すことができる
3.自己を知る事で、後輩指導へのコツを見つけることができる

まず自己紹介で自分はどんな性格なのか、
自分のプリセプティはどんな性格なのかを発表し、
グループワークにて
「自分がプリセプターに期待していたこと」
「自分がプリセプターに支えられたと思った事」
「自分達がどのようにプリセプティを支援するか」
などを話合いました。

プリセプティ1人1人、個性があり看護師経験も違います。
また当院では当たり前だったことが他院では違う…など当院に入職し、
環境が変わり・人間関係も一から築き上げないといけない…
などと戸惑うことが多々あると思います[ふらふら]

プリセプターとして、まず精神フォローを行い円滑に人間関係を構築し、
仕事に慣れることが出来るよう、支援することが大切であると、
今回の研修を通して改めて理解することができました。
さらに、他部署の既卒プリセプターの方の話を聞くことで、
周りの方も同じような悩みや葛藤と向き合っていらっしゃる事を知り、
安心することもありました[わーい(嬉しい顔)]

既卒入職者の方が早く部署に馴染み、
さとう病院に入職してよかったと思ってもらえるよう、
既卒プリセプターとして共に成長していきたいです[手(グー)]
   IMG_3127.jpg

メンタルヘルス~ストレスは決してゼロにはならない~ [ER/心カテ室部署とスタッフ紹介]

こんにちは[ぴかぴか(新しい)]
ER・カテ室/外来師長の柳です。

新入職オリエンテーションの一環として、
メンタルヘルスマネジメントを担当しました。

私が、この講義で伝えたいことは2点あります。
ひとつめは
ストレスは決してゼロにはならない。でもうまくつきあう方法はある。
時々どうしようもなくなって、感情が爆発して泣いてしまうこともあります。
でも大泣きしたあと、スッキリした記憶はありませんか?
自分の考え方一つで周囲の状況は良くも、悪くもなります。
泣いてスッキリした後、
「よし明日からまたガンバロー!」と思えることが大事なのです。
もうひとつは
あなたの周りには支援する人がたくさんいます」ということです。

新社会人として、または転職して新たなスタートをきり、
今は期待と不安が入り交じって、大変なストレス状況にあると思います。

ストレスが大きくなってしまうと、
「自分1人だけ・・・。なんで・・・」と
どうしても周囲のことが目に入らなくってきます[がく~(落胆した顔)]
でも、職場では同期入職の仲間、先輩やプリセプター、
ご家族等々支えとなってくれる人は近くにたくさんいます。
すぐには難しいかもしれませんが、
そのことを忘れないで、日々たくましく成長を願っています[かわいい]
   DSCN2017.jpg
前の10件 | - ER/心カテ室部署とスタッフ紹介 ブログトップ